Travel

学生バックパッカーの心強い味方!ゲストハウスのイロハを徹底解説

ゲストハウス
ゲストハウスに泊まってみたいけど、どんなところか分からないから不安…
こうしたお悩みや疑問にお応えします。

 

 

わたしについて

  • 渡航歴60か国
  • 泊まったゲストハウスは50施設以上
  • ゲストハウススタッフ経験あり

ゲストハウスについて

ゲストハウスとは

ゲストハウスとは、ドミトリー(相部屋)スタイルの宿泊施設で、学生やバックパッカーに人気。

 

世界中の旅人が集い、異文化交流や情報交換が日夜行われています!

格安で泊まれるので、旅費を安くしたい人にはうってつけです。

 

ゲストハウスに泊まるのもいいけど、日本にいながら旅の追体験をしたい人は、実際に働いてみるのもおすすめ!

 

>>「大学生にゲストハウスバイトがおすすめな4つの理由

 

世界各地のゲストハウス

実際に国内外にはどんなゲストハウスがあるのか、わたしがこれまで泊まった50以上の施設からいくつかピックアップしました!

 

イラン:HI TEHRAN HOSTEL Ⅱ

イラン・テヘランにある2018年オープンの新しいゲストハウス。

 

屋外共用スペース

いきなりおしゃれ空間が広がってます。

 

ドミトリー

明るくて清潔な部屋。

海外のゲストハウスって、なんとなく雑多としたイメージを持ってる人も多いでしょう?

 

でも世界中探せばいくらでも、こういうシャレオツ宿があるもんです。

 

1泊9ドルと、このクオリティで驚きの安さでした。

 

フロントロビー

温かみを感じますねー!

 

キッチン

今まで泊まったゲストハウスの中で、一番キレイで設備が充実していました。

 

キッチンは自由に使えるところが多いので、長期滞在者だと自炊する人も多いです。

 

最新のIHヒーターに全自動洗濯機…

ぱっと見ゲストハウスには見えないです、もはや。

 

朝食

朝食はビッフェスタイルでした。

 

こじんまりとしたゲストハウスで宿泊客も少ないので、量は少なめです。

 

>>「HI TEHRAN HOSTEL Ⅱの詳細|宿泊レポ

 

カザフスタン:European Backpackers

共用スペース

かなりコージーな雰囲気で温かみのある空間。

 

共用スペースが、ゲスト同士の交流の場!

特に欧米系の人たちは夜行性が多いので、夜盛り上がることが多いです。

ぼくはなぜか海外だと夜に弱いので、交流するのは朝が多いです笑
かりーむ
かりーむ

 

フロントロビー

ここはオーナーが別荘をゲストハウスとして経営しているため、内装は普通の邸宅です。

 

こういうスタイルのゲストハウスもあるんですね!

ドミトリー

身長176cmのぼくでギリギリだったので、背の高い人はちょっとヤバい笑

 

 

金沢:Blue Hour Kanazawa

最後に日本のゲストハウスもご紹介します!

 

フロントロビー

開放感のある造りが印象的。

金沢駅から徒歩3の場所にあり、すぐ目の前に見えます。

 

ドミトリー

カーテンでプライバシーが守れるようになっています。

中もけっこう広くて、圧迫感はありませんでした。

 

日本のゲストハウスはこうやってカーテンで仕切っているところが多く、海外のゲストハウスよりもプライバシーの点では安心です。

 

トイレ・シャワースペース

水周りはとにかく綺麗。

もちろんお湯もちゃんと出ます。

 

日本と海外のゲストハウスは、また別物だと考えた方がいいかもしれませんね笑

 

朝食

朝食つきの宿泊プランにすると、宿近くのカフェで朝食が食べられます。

 

こうやって宿とカフェが連携しているところも多いです。

 

 

ゲストハウスの魅力

ゲストハウスに泊まるメリット・魅力はこんな感じ。

 

  1. 宿泊者同士で交流できる
  2. 宿泊費が安い
  3. 旅や現地の情報交換ができる

 

それでは詳しく解説していきます。

 

魅力①:宿泊客同士で交流できる

ゲストハウス

ゲストハウスに泊まる一番の魅力はこれに尽きます!

 

ゲストハウスには、世界各地から本当に多種多様な人たちが集まります。

 

そんな彼らと交流し、「意気投合した人たち同士で一緒に旅することになった

なんてこともザラです。

 

まさに旅は道連れ、世は情け。

一人旅のはずが気づいたら一人で行動してる日の方が少ない、ぼくなんていつもこんな感じです笑
かりーむ
かりーむ

 

魅力②:宿泊費が安い

お金

学生や長期滞在者にとって、宿泊費が安いというのはとても助かります。

 

世界各地には、1泊500円から泊まれる宿もあります。

 

魅力③:旅や現地の情報交換ができる

ゲストハウス

 

旅は情報戦

これはぼくのスローガン?です笑

 

安全に楽しく旅するために必要なものは「情報」であり、現地のリアルな声や情報が大量に集まるのがゲストハウス。

〇〇地区は治安悪いから行かない方がいいよ
ここのレストラン、めっちゃ美味しくてコスパ良かったからおすすめ!

こうして先に現地入りしていた人たちから、ガイドブックに載っていないような情報もたくさん教えてもらえます。

 

 

ゲストハウスの注意点

Alert

 

ゲストハウスに宿泊する上での注意点はこんな感じ。

  1. プライバシーや貴重品管理
  2. 女性の宿泊について
  3. 騒音トラブルなど

それでは詳しく説明して行きます。

 

注意点①:プライバシーや貴重品管理

泥棒

不特定多数のゲストが同じ部屋で寝泊まりするので、プライバシーはありません。

 

財布が盗まれるというけしからん事件も起きたりします。

 

どんなに仲良くなった相手の前であっても、貴重品管理は徹底してください!

仲良くなった人と酒を飲んでて、翌朝目が覚めたら財布がなくなってた…

こういうの普通にあるので…。

 

>>「旅のプロ直伝。ゲストハウス選びのポイントや気をつけていること」

 

注意点②:女性の宿泊について

女性

わたしは男子なので、あくまで間接的に聞いた話ですが、女性だから気をつけなければいけないことがあります。

 

男女共用ドミトリーだと、女性はとくにセクハラ被害に注意が必要。

 

ゲストハウスで仲良くなった人に、セクハラされたという話もよく聞きます。

 

女性専用ドミトリーがあるゲストハウスも多いので、不安な人はそうしたところに泊まると安心です。

 

 

注意点③:騒音トラブルなど

いびき

「いびきがうるさくて眠れなかった」

「夜中まで部屋の明かりがついてて寝れなかった」

 

こんなのは日常茶飯事です。

 

しかしこれはゲストハウスに泊まる以上は、ある程度仕方のないこと。

スタッフに言えば、部屋を変えてくれることもあるので、どうしても我慢できない時はお願いしてみましょう。

 

 

>>「ゲストハウスで実際に遭遇したトラブル9選+1」

 

ゲストハウスのイロハ:まとめ

 

ゲストハウスの魅力をもう一度まとめます。

  1. 宿泊者同士で交流できる
  2. 宿泊費が安い
  3. 旅や現地の情報交換ができる

 

ゲストハウスは世界中のバックパッカーや学生が集まる交流スペース。

 

ぼく自身世界中を旅行して良かったと思うことの一つが、

海外の友達ができて、世界情勢や海外のニュースへの関心が強くなった」ということ。

 

これまでなじみなかった国のニュースが、友達がいる国というだけで「他人事」ではなくなります。

 

ぼくの場合、よく言われる「旅して価値観が変わった」ということは全くありませんでした笑
かりーむ
かりーむ

その代わり、世界に向ける関心事が増え、視野は確実に広くなりました。

 

ただ旅していてもなかなか海外の友達ができないけど、ゲストハウスならそれができる。

 

それこそがゲストハウスの一番の魅力だと、ぼくは考えています!

 

-Travel
-,

Copyright© Kareem Blog , 2020 All Rights Reserved.