Travel

乞食のような旅人:世界で問題視されているベッグパッカー(Begpacker)とは?

Begpackers

 

バックパッカーといえば、お金を極力節約しながら世界中を旅する人のこと。

この記事を読んでいる人なら、すでに聞き馴染みのある言葉かもしれません。

かりーむ
かりーむ
ぼくも筋金入りのバックパッカーです!

 

そんなバックパッカーに似ているようで異なる存在、「ベッグパッカー」をご存知でしょうか。

 

多くの人が気軽に旅できるようになった今、このベッグパッカーたちの行動が世界各地で波紋を呼んでいます

 

今回はそんなベッグパッカーたちの生態と、問題とされている理由についてまとめていきます。

 

ベッグパッカーとは

ベッグパッカーの特徴

ベッグパッカーとは、「beg(乞食、物乞い)」とバックパッカーを掛け合わせた造語。

 

自分の旅を続けるために、滞在先の国で資金を無心する人たちのことを主に指します。

 

ベッグパッカーは欧米系の人に多いですが、日本人の若い旅人にも一定数おり、とくに東南アジアの旅行者に顕著です。

 

ベッグパッカーたちはストリートパフォーマンスなどをして資金を募りますが、その時によく彼らが使うお決まりのセリフがこちら。

 

・「荷物や財布を盗まれたから旅の資金を恵んでください」

・「無一文のわらしべ世界一周に挑戦中です」

 

自分が現地の人だったら「知らんがな!」で一蹴したくなります…笑

 

お金や荷物の盗難被害にあったら、まずは現地警察や大使館に対応を求めるのが先だし、物乞いまでして旅を続けようとするマインドには感心しませんよね…。

 

現地の人の同情心を誘い込んで物乞いに等しいことをする」、それが多くのベッグパッカーに共通する特徴です。

 

もっと悪質なベッグパッカーだと、お金がないふりをして同情心につけ込み、寄付を呼びかける人もいます…。

 

 

バックパッカーとベッグパッカーのちがい

ベッグパッカー

バックパッカーもベッグパッカーも、節約旅行をしているという意味では同じです。

 

しかしバックパッカーの旅の資金はあくまで自分のお金が基本。

持ち合わせの資金の中で、うまくやり繰りして旅を最大限楽しもうとします。

 

かりーむ
かりーむ
ぼくも筋金入りのバックパッカーですが、人様のお金で旅する気にはなれません。

 

ヒッチハイクなどは旅人の欠かせない移動手段でもありますが、きちんとしたバックパッカーなら礼儀やマナーを欠かしません。

 

>>「ヒッチハイクのやり方と守るべきマナー・注意点」

 

一方のベッグパッカーは、そもそも旅をするのに必要最低限のお金すら持ち合わせておらず、現地で調達することを前提としています。

 

「なんで金持ってないのに旅すんねんっ!」と言いたくなるくらい、リアルにお金がないまま旅を続けようとする猛者。

 

ある意味すごいです。

 

 

トゥワットパッカー(Twatpacker)

ベッグパッカーのさらに上位?にトゥワットパッカーという人たちが存在しています。

 

「twat(イヤな人)」とバックパッカーを掛け合わせた造語で、一言で言えば「いやな旅人」笑

 

ベッグパッカーは物乞いをするだけですが、旅行者の中には現地の人を見下したり、悪態をついたりと横柄な人がごく一部います。

 

Twatpacker

 

そういった旅行者は現地の人から大いに嫌われていることから、トゥワットパッカーという言葉が生まれました。

 

実は東南アジアを旅する日本人の一部が、このトゥワットカッパー認定されてしまっている事例があり、現地の人に対する傲慢な態度や姿勢に反感を集めているケースがあるのです。

 

同じ日本人として居た堪れないので、勘弁していただきたい…。

 

 

ベッグパッカーと道徳心の問題

「Begpackers」とググると、たくさん情報が出てきますが、そのほぼ全てがネガティブなことばかり書かれています。

 

Begpackers

 

 

 

訳すると

「満足に食卓を囲むことができず、生活に困窮している人も多くいます。
世界を旅するベッグパッカーを支援するより、彼らを支援した方が良いでしょう?」

 

生活に困窮し、本当に支援を必要としている人たちの横で、世界を旅するためのお金を物乞いするベッグパッカー。

 

ベッグパッカーの大半は先進国からやってきた人です。

 

そのため現地の人からすれば、「なんで自分らより豊かな国から来てるはずなのに、物乞いしているんだ」という感情を抱くのは無理もありませんよね…。

 

 

ベッグパッカーが問題視される理由

不法就労で罪に問われるから

そもそも外国人が無許可で路上パフォーマンスをして、旅の資金を集めるという行為自体が「不法就労」にあたるケースが多いです。

 

路上で何かしてお金を稼ぐのであれば事前に当局の許可が必要であり、タイや香港のように外国人の物乞いや路上パフォーマンスが法律で禁止されている地域も少なくありません。

 

タイで日本人大学生の旅行者が現地警察に保護されたことも、界隈では一時大きな話題になりました。

 

日本でも就労ビザなしで働いて強制送還される外国人が毎年のようにいますが、ベッグパッカーも例外ではありません。

 

近年世界各地で不法就労の取り締まりが強化されており、一発検挙で強制送還される可能性も十分にあります。

 

 

マナーやモラルの低下

海外を旅行するからには、最低限のモラルやマナーは大切にするべきです。

 

「旅先でなら何をしてもいい」なんて思ったら大間違い。

 

でも現実には、現地のマナーや慣習を一切無視して、「知りませんでした」で押し通す「招かれざる旅行者」もいます。

 

例えばタイの有名寺院「ワット・パークナム」では現在、観光客のマナー違反に非常に悩まされているのです。

 

「インスタ映え寺院」として日本人にも人気なのですが、本来ここは神聖な寺院であって、ワイワイ騒いでいい場所ではありません。

 

それにも関わらず、インスタ映えを狙った観光客が大挙して押しかけ、寺院への敬意のかけらも示さないような有様になっています。

 

こうした問題はベッグパッカーに限った話ではありませんが、とくにベッグパッカーは現地の人たちからの印象も良くない分、その振る舞い一つ一つに反感が集まりがちです。

 

 

根底に垣間見える無意識の蔑視

値札がきちんとついている商品を強引に値切ったことを、武勇伝のように語る人たちがいます。

 

なぜ額面通りの価格で買わないのか聞くと、彼らは決まって「どうせぼったくり価格だから」と言います。

 

そして交渉に失敗すると「せっかく買ってもらえるチャンスだったのになあ」とぼやくのです。

 

これを聞いてわたしはぶっちゃけ、「何様のつもりやねんっ」と率直に思いました…笑

 

こうした言動の裏には、

自分たちが買わなかったら彼らは困るだろう

という驕りが、本人たちも気づかないような潜在意識としてあるのかもしれません。

 

 

ベッグパッカー:まとめ

バックパッカーのほとんどはモラルもよく、マナーもきちんと守って旅をしています

 

だからこそ一部のベッグパッカーたちの問題行動には目も当てられません。

 

バックパッカーとベッグパッカーは混同されがちなので、正直当事者としては看過できないというのが率直な私見です。

 

節約する方法なら「WWOOF」や「Workaway」「カウチサーフィン」を使う方法もあります。

 

>>「カウチサーフィンの上手な使い方と注意点」

 

なりふり構わず他人にお金をせびるのは、シンプルに格好悪い。

 

旅の仕方は人それぞれですが、少なくとも金銭的には自立して旅してほしいと思う次第です。

 

 

それではまた。

-Travel
-

Copyright© Kareem Blog , 2020 All Rights Reserved.