完全網羅!この5つのサイトを使えば欲しいフリー画像・イラスト素材が必ず見つかる

皆さんは記事やコンテンツに使うフリー画像やイラスト素材をどうやって探していますか?

今回の記事は、

  • 意中の素材が見つからない
  • 素材探しにいつも時間がかかる
  • 人とはちがったイラスト素材を使いたい

という方必見です。

これから紹介する5つのフリー素材サイトを使えば、お目当の写真やイラスト素材が素早く確実に見つけられます。

ぼく自身普段使っている素材は、今回紹介する5つのサイトから探しています。

フリー画像素材

PAKUTASO

  • 人物写真が豊富
  • マニアックなシチュエーションの写真も多い
  • 素材のテーマが面白い

「PAKUTASO」のすごいところは、とにかくマニアックで細かいシチュエーションに対応していること。

また人物写真は一般的に、肖像権の観点からどうしても数が少ないのですが、「PAKUTASO」だとたくさん見つかります。

「うわっ!この女優元カノだ!」

「プリン体ゼロに驚くぼっちサンタ」

「クリスマスは既読スルーばかり」

…クリぼっちに辛辣すぎるタイトルがずらりと並びます笑

ネタとしても使えるなど、使い勝手が非常に良いのが最大の強みですね。

ちなみに様々なサイトで、この男性の写真を見たことある人は多いのではないでしょうか。

モデルは大川竜弥さんという方なのですが、もしかしたら日本一サイト上に登場している男性かもしれません笑

PAKUTASO

O-DAN

 

  • 32サイトを横断検索できる
  • 日本語対応
  • 画像の量が圧倒的に多い

 

一言でいえば、「スカイスキャナーの写真素材版」です。

「スカイスキャナー」や「トラベル子ちゃん」で格安航空券を横断検索できるのと全く同じ。

 

これらのフリー画像サイトを一気に検索できるので、わざわざそれぞれのサイトにアクセスする必要がありません

Pixabay

Unsplash

Reshot

StockSnap

Pexels

など32のフリー画像サイト

フリー画像を探す手間を大幅に省けるのが、「O-DAN」の最大のメリットです。

 

O-DAN

フリーイラスト素材

Vecteezy

 

  • 圧倒的な量を誇る素材数
  • おしゃれなデザインが多い
  • 素材を自由に編集できる
  • 背景透過PNG画像が作れる

 

「Vecteezy」の最大の強みは、素材そのものを自由に編集したものを保存できることです。

 

例えば以下の画像を少し自分好みに編集したい場合は、素材右下の「Edit Vector」をクリックします。

 

すると以下のような編集画面が出てくるので、自由にカスタマイズしてください。

編集し終わったら右上の「Download」をクリックして、あとは保存ファイル形式を選んでダウンロードするだけです。

砂漠が緑の丘に変身!

編集しても素材の元が変わるわけではないので、安心して自分好みにいじってください。

注意
「Edit Vector」の記載がない素材は編集できません。

Vecteezy

有料の「Proユーザー」になると全ての素材が使えますが、用途がブログや個人的なコンテンツなら「Proユーザー」にならなくても十分だと思います。

 

un-draw

 

  • シンプルかつモダンなデザインが多い
  • イラストカラーを一括変更できる

 

当ブログでも愛用しており、アイキャッチやアイコンなど随所で使わせてもらっています。

種類こそ少ないものの、シンプルで分かりやすいデザインと、主張しすぎないカラーに洗練された印象を受けます。

 

そして「un-draw」の最大の特徴は、素材の色を一括変更できること。

どういうことかというと、まずはこちらをご覧ください。

ヒットしたイラスト素材がたくさん表示されていますが、この素材カラーは全て「青色」で統一されているのにお気づきでしょうか。

これから試しに「青色」で統一された素材カラーを変えていきます。

メニューバーのパレットをクリックして、好きな色を選ぶと全ての素材カラーが変わります。

このように「un-draw」では素材カラーを自分の好きな色に変更して探すことができるのです。

ブログにテーマカラーやテイストがある人なら、ブログの景観を統一することができるので大変便利です。

 

un-draw

いらすとや

 

  • マニアックなシチュエーションにも多々対応
  • タイムリーなネタ素材も豊富
  • 圧倒的人気と知名度

日本でもっとも浸透しているフリーイラストサイトですね。

「いらすとや」で見つからない素材はほとんどないと言っても過言ではありません。

「ワイプが被った元号発表」という世紀の瞬間?までもが取り揃えているサイトなんて他にはありません笑

 

どんな場面でも使いやすいから、ぼくもよくお世話になっています。

 

 

以上の5つのフリー素材サイトを探せば、見つからないものはないと言ってもいいくらい、様々な素材を網羅しています。

素材探しにかける時間を少しでも短くすることで、時間のコストパフォーマンスをどんどん向上させていきましょう。

 

それではまた。