オマーン

【オマーン旅行】ドバイからオマーン・マスカットまでバスで行く方法

2019年12月21日

オマーン,中東,旅行

今回はドバイからマスカットまでバスで行く方法をご紹介します。

 

UAEやオマーン、クウェート、バーレーン、カタールなどの中東湾岸諸国は国同士の距離は近いけど、周遊するのは簡単ではありません

 

東南アジアとはワケが違い、そもそも陸路で国境越えできるのがUAE-オマーン間くらいしかなく、あとは空路で行くしか手段がありません。

 

ドバイ-マスカットは陸路で行き来ができる貴重なルートなので、周遊したい旅行者は積極的に使っていきたいところです。

 

基本情報

まずはドバイ-マスカット間を運行しているオマーンのバス会社「Mwasalat」の基本情報をまとめます。

 

チケット料金
UAE側で購入 オマーン側で購入
片道 AED55 5,5リアル
往復 AED90 9リアル

 

発着時間
ドバイ→マスカット マスカット→ドバイ
7:30発(16:00着) 6:20発(12:50着)
15:30発(22:00着) 15:20発(21:50着)
23:00発(5:30着) 23:20発(6:50着)

 

バスの発着場所

■ ドバイ:メトロ(グリーンライン)「Abu Hail」駅前

■ マスカット:アザイババスターミナル

 

 

「Abu Hail」駅(ドバイ)

 

アザイババスターミナル(マスカット)

ドバイ-マスカット間はだいたい6時間で到着しますが、越境や渋滞などで多少前後することはあります。

 

ここからは実際にチケットを買って、マスカットまで行くまでの一連の流れをご紹介していきます。。

 

 

チケット購入

チケットはバスの出発場所であるドバイメトロ「Abu Hail」駅構内にある「Mwasalat」のカウンターで直接購入できます。

 

パスポートの掲示が必要なのであらかじめ準備しておくといいでしょう。

(なぜか写真が小さくなってしまったのですがご了承ください)

 

片道(one way journey ticket)か往復(return tickets)か聞かれるので、どちらが欲しいか伝えましょう。

支払いは現金でもクレジットカードでも可能です。

 

支払うとこういう赤いチケットを渡されます。

このチケットには「自分の名前」や「バスの出発日時と発着場所」などが書かれているので、受け取ったらまずは一通り間違いがないか確認しておきましょう。

 

内容が正しければ、これであとは当日を待つのみです。

 

 

ドバイのバスターミナル

出発当日は、出発時刻の30分前には「Abu Hail駅」に着いているようにしましょう。

かりーむ
かりーむ
30分前に行ってもバスは全然来てないから、実際には10分前でも大丈夫笑

 

「Mwasalat」と書かれた大型バスがほぼ定刻通りに来ました。

出発時刻の5分前くらいから乗車は始まります。

車内はきれいで充電コンセントも各座席に備わっていて、いたって快適です。

クーラーもガンガンというわけではなく、丁度いい涼しさでした。

 

車内には「Omantel」というフリーWi-Fiがありました。

ただしWi-Fiはオマーンの携帯電話を持っていないと使えない仕様だったので、ネットが使えないのは残念でしたが、夜行バスで寝るだけなので、特に使えなくても支障はありませんでした。

 

ここから先、ドバイ国際空港で乗客を拾った後に、国境まで2時間ほどで到着です。

 

 

国境越え

UAE側の出国審査

①出国税を払う

UAE側の国境には2時間ほどで到着しました。

出国審査の前にまずはUAEの出国税(AED35)を支払わなければいけません。

 

出国税(AED35)は現金払いのみです。

一応税関オフィスにもATMはありますが、バスに乗る前にあらかじめ用意しておいたほうがいいでしょう。

 

支払うとこのような台紙が渡されますが、上のシール部分がきちんと剥がされているか確認しましょう。

 

この状態になれば、特にこれ以降使うことはないです。

 

②出国審査

特に書くこともありませんが、出国税を支払ったらあとはUAE側の出国審査を受けて、出国手続きは全て終了なので、バスに戻ります

 

 

オマーン側の入国審査

①セキュリティチェック

5分くらい走ったところで、バスを再び降りて今度はオマーン側の入国手続きに進みます。

最初は荷物検査です。

 

麻薬を持ち込むと即死刑ということもあり、かなり厳しいセキュリティチェックが待っているという情報だったのですが、実際にはあまりにも拍子抜けするほど簡単なものでした。

 

道端の簡易テントの下で、保安官が目視で荷物の中身を流し見るようにして終わり…。

 

あまりにもあっさりすぎて、これとは別に本番のセキュリティチェックがあるんじゃないかと思ったけど、これっきりでした笑

 

かりーむ
かりーむ
本当にディズニーかってくらいチョロすぎて、セキュリティチェックとして機能しているのか逆に心配だよ

 

②入国審査(ここ大事!!)

荷物検査が終わったら再びバスに乗り、また少し走ったところで次は入国審査のためにバスを降ります。

 

パスポートだけ持っていればいいので、荷物は車内に置いたままで大丈夫です。

 

ここで重要なのはズバリ、日本人はドバイに空路で入国した人に限り、オマーン入国ビザが無料で取得できるということ。

 

該当する人は自己申告することを忘れないようにしてください。

 

詳しい情報はオマーン観光局の公式サイトに記載されているのですが、入国保安官の全員に周知されている訳ではないので、自分がドバイに空路で入ったことをしっかり伝えないとビザ代(20リアル)を請求されてしまう可能性があります。

 

▼オマーンアライバルビザの確認方法

 

 

マスカットのバスターミナル

他の人のブログを読むと、ルイバスターミナルまで行くとのことでしたが、昨年の大幅改定によりルイまで行かなくなりました

 

新たに「アザイババスターミナル(Azaiba Bus Station」)という、「Mwasalat」のオフィスがあるバスターミナルが終点となります。

 

ドバイに行くバスもここから出発するので、バスでドバイに戻る人は覚えておきましょう。

 

MAP

 

 

マスカット中心部への行き方

終点はアザイババスターミナルですが、ここからルイバスターミナルまで行く路線バスは走っていません。

 

よって途中で乗り換える必要があって少し大変。

 

なのでぼくのおすすめは終点まで行かずに、途中停車するマスカット国際空港で降りること!

 

降りると、同じ場所にルイバスターミナルまでの直行バスが停まっています

 

土地勘のないうちは、路線バスの乗り換えは大変なので、こっちの方が安心ですね!

 

オマーンの市バスはとても綺麗で快適です。

 

日本やドバイとちがってICカードとかはないので、その都度乗車賃を払ってチケットを受け取るようにはなりますが、そこまで不便ではないです。

 

マスカット国際空港からルイバスターミナルまでは約40分で到着します。

 

ルイバスターミナル

ルイバスターミナルにはいくつもの市バスが停まっているので、自分の目的地まで行くバスが何番のバスなのか、事前に調べておきましょう。

 

 

MAP

Googleマップで調べれば、何番バスに乗ればいいのか簡単に分かります

 

現地でのバスの乗り換えは土地勘がないと不安になりますが、マスカットの市バスはしっかり時刻表もあり、おおむね時間通りに来るので外国人観光客でも安心して利用できますよ!

 

 

 

それではまた。

-オマーン
-, ,

Copyright© Kareem Blog , 2020 All Rights Reserved.