SEO

記事タイトルやアイキャッチの変更を検索結果に早く反映させる方法

変更した記事タイトルやアイキャッチ画像をすぐ検索結果に反映させたい!

今回はこうしたお悩みにお応えします。

 

ブログを書いていれば、だれもが記事のリライトをすると思います。

 

しかしいざリライトした記事を検索してみると、

あれ、本文は更新されてるのに、タイトルとアイキャッチ画像が古いままだ

となったことはありませんか?

 

それには検索エンジンの仕組みが関係しており、放っておいてもいずれ反映されますが、どうせなら早く反映させたいですよね。

 

そこで今回は「記事の更新をより早く検索結果に反映させる方法」をご紹介していきます。

 

 

記事の変更が反映される仕組み

中身はすぐ反映されますが、記事タイトルやアイキャッチ画像はなかなかすぐには反映されません

 

なぜならデータがキャッシュとしてブラウザに記録されているからです。

 

ポイント

「記事タイトルやアイキャッチ画像の変更が反映された=キャッシュが更新された」

 

じゃあキャッシュはどうやって更新されるのかというと、みんな大好きGoogleクローラーさんが該当記事を巡回することで更新されます

 

「Googleクローラーってなんぞ?」という人は、こちらのツイートを見てみましょう。

すごく強烈でわかりやすいです笑

 

つまり今回紹介する方法というのは、自分の記事にクローラーさんを呼び込むことです。

 

 

記事タイトル・アイキャッチを反映させる方法

Googleコンソール:インデックス登録リクエスト

方法はいたってシンプル。

 

Googleサーチコンソール」の管理画面の上部にある検索窓で、リライトした記事のURLを入力します。

 

サーチコンソール

「Googleインデックスからデータを取得しています」

と表示されるので、そのまましばらく待ちましょう。

 

サーチコンソール

 

今回はすでに公開した記事のリライトなので、「URLはGoogleの登録されています」と表示されるはずです。

 

右側にある「インデックス登録をリクエスト」をクリックしましょう。

 

これでGoogleクローラーが優先的に巡回に来るので、通常よりも早く検索結果に反映されます。

 

念のためカバレッジも確認しておきましょう。

 

サーチコンソール

 

きちんとクローリングされているので問題ありません。

 

これで通常よりも早く、記事の更新が検索結果に反映されます。

 

「インデックス登録のリクエスト」は本来、新しく記事を公開した時に、その記事の存在をいち早く検索エンジンに伝えるためにします。

しかし記事のリライト・更新をした時も、変更差分をいち早く検索エンジンに知ってもらわなければなりません

 

記事本文のリライトだけならリクエストの必要ありません。

 

記事タイトルやアイキャッチを変更したら、その都度クローリングをリクエストする習慣をつけましょう。

 

 

記事の更新を早く反映させる方法:まとめ

記事タイトルやアイキャッチを変えても、更新されていない間にきた訪問者は古いままを見ることになってしまいます。

 

せっかく更新したのにそれはもったいないので、更新し次第こっちからクローリングを促していきましょう!

 

 

それではまた。

 

  • この記事を書いた人

かりーむ

サウジの大学に通う大学生【経歴】高3のときに英語が嫌いすぎてアラビア語を始める▶︎大学休学してエジプト留学▶︎海外インターン▶︎プログラミング修行(2019年10月〜)▶︎2020年4月大学復学予定|旅オタク(貧乏)

-SEO
-,

Copyright© Kareem Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.