かりーむのお話

現役大学生が結婚のメリット・デメリットを本気で考えた

2019年12月17日

みなさん、将来結婚したいと思いますか?

いつかは結婚したい!
という人は、どうして結婚したいと思いますか。

逆に、

ずっと独身でいたいな!

という人は、どうして生涯独身でいたい?

当然ですが結婚すること、独身でいることには、それぞれ良い面と悪い面があります。

ぼくの身の回りでも「恋愛に興味ない」人が増えている印象があるため、今回は大学生なりにこれまで考えてきた「結婚のメリット・デメリット」を洗いざらい書きまとめてみました。

現代の若者の価値観とおおかた相違ない内容となっているので、ぜひ人生の選択を誤らないためにも、同年代の人たちの参考になると幸いです。

かりーむ
かりーむ
ちなみにぼくは結婚したくないから、独身派です!

結婚のメリット

まずは結婚することのメリットから書きまとめていきましょう。

好きな人と一緒にいられる

毎日家に帰れば好きな人に会える、とても素敵なことですね。

好きな人といっしょに生活する喜びは理屈では語れないものがあることと思います。

この人とならどんな苦労でも一緒に乗り越えていける!!

そんな希望に満ちた結婚生活に思いを膨らませられるのも、幸せなことかもしれません。

家庭を育める

結婚して子どもができたら、温かい家庭を育もう!
そんな家庭像にあこがれて結婚する人も多いと思います。

子どもが好きな人なら自分の子どもを授かりたいと思うだろうし、親となった自分も子どもの成長から学ぶことはたくさんあるでしょう。

子どもが欲しい人にとっては、結婚してよかったと思う何よりのことではないでしょうか。

安心感を得られる

いくら結婚したくない、自ら望んで独身生活をしているといっても、ふと何かのタイミングで孤独を感じる瞬間は必ず出てきます。

もちろん結婚すれば孤独じゃないとも言い切れません

結婚生活がうまくいかず、家庭内で孤立を感じている人も少なくありません。

でもいざという時手助けしてくれる人がいるという意味では、独身生活では得られない安心感を手にすることができることでしょう。

社会的信用を得られる

結婚して一人前

この旧態依然とした考え方、ぼくは大嫌いですが、正直まだ根強いと思います。

特に男性は「社会的信用のために結婚する必要が出てきた」という理由で結婚に積極的になる人も少なくありません。

 

今のご時世結婚の有無でその人の人格を測れるわけがないので、ぼくは早くこの価値観が見直されていくことを願っています。

世間体のためにも、とにかく結婚しなきゃな。本当は独身でいたいよ

こうした「望まない結婚」の犠牲になる人も減っていくといいですね。

家事の負担を分担できる

独身だと身の回りのことはすべて自分でやらなければいけませんが、結婚していればお互いにサポートし合えますね。

 

ぼくみたいに家事が好きでバリバリやっているようなタイプの人からすると、あまりメリットにはならないかもしれません笑

税金控除の対象になる

結婚することで税金の点で実はいくつかのメリットがあります。

❶ 所得税の配偶者控除

❷ 贈与税の配偶者控除

❸ 法定相続人として相続税が減額

❹ 保険相続税が減額

❺ 社会保険の扶養家族に入る

 

❶ 所得税の配偶者控除

これは結婚している人だけに与えられるメリットです。

配偶者控除とは分かりやすくいうと、「家族を養っている人の経済的な負担を減らしてあげますよ!」という制度です。

 

以下の条件を満たす奥さんがいると、控除として38万円を旦那さんの所得金額から差し引くことができます。

■ 納税者本人と生計を共にしている

■ 配偶者の所得合計金額が年収103万円以下である

 

バイトやパートをやっていると、

103万円の壁を越えないようにしないと!

なんて言ったり聞いたりしませんか?

「103万の壁」を越えないようにする理由こそが、まさにこういうことだったのです。

 

もし妻や子どもがパートやバイトで103万円以上かせぐと、旦那さんは所得控除が受けられず、納税負担が大きくなります

103万円を越えそうなら、徹底的に越えて少なくても160万円は稼げれば、税金を引かれてもマイナスにはならないはずです。

 

独身にはないメリットですが、独身でも自分でしっかりかせげていれば正直、所得控除がなくても大丈夫だと思います。

 

❷ 贈与税の配偶者控除

夫婦間にはそれぞれ扶養義務があるため、例えば生活費や養育費など、生活するのに必要な資金の贈与については非課税です。

通常であれば年間110万円以上をこえると贈与税が発生しますが、夫婦間での生活費などの贈与は免税、あるいは一定額の減額になります。

[alert title="注意"]夫婦間であっても、やたら大きな金額の贈与を口座を介してやっていたり、住宅を購入したときに所有権を夫婦で折半した場合は贈与税が発生します。[/alert]

 

そもそも独身であれば、「夫婦間の贈与」などという前提はないので、これは「結婚するメリット」というよりは「結婚生活のサポート制度」のようなものと考えてもいいかもしれません。

 

❸ 法定相続人として相続税が減額

夫婦のどっちかが死亡したとき、その配偶者は法定相続人ということになるので、遺産相続をしたときに相続税がほとんどかかりません

 

[memo title="MEMO"]

ちなみにこれは「事実婚」では適用されないので、もし法定相続人以外の人に遺産相続をするなら、遺書を書いておけば相続できますが、その場合は受取人が法定相続人ではないので相続税がかかります

[/memo]

もはやこれは死んだときの話なので、メリットというべきか微妙だけど…。

ま、一応こういう制度が夫婦間には適用されるんですよということで笑

 

❹ 保険相続税が減額

「多額の生命保険をかけて夫を殺害した妻が逮捕…」

昼ドラには欠かせない?お決まりパターンですが、万が一夫婦のどっちかが死亡して死亡保険を受け取る場合、相続人一人あたりで500万円の非課税が適応されます。

 

これもどっちかが死亡してからの話なので、もはや独身の人にはほぼ関係なさそうですが…

❺ 社会保険の扶養家族に入る

任意保険とは別に「強制適用保険」として国民全員の加入が決められているのが、社会保険です。

(中学・高校時代の社会の授業を思い出しましょう!!笑)

 

社会保険には「公的医療保険」「公的年金」「介護保険」「労災保険」「雇用保険」の5種類があります。

そして本人が社会保険(健康保険、厚生年金保険)の加入義務者ではなく、年収130万円未満だと夫(配偶者)の扶養に入ることができ、夫(配偶者)の保険料支払い負担が減ります

 

今回の記事は保険の解説じゃないので、これ以上詳しくは書きませんが、結婚することで初めて適用対象となる制度がいくつもあることは、きちんと知っておいたほうがいいでしょう。

結婚のデメリット

結婚した瞬間に離婚のリスクが生まれる

だれだって結婚するときに離婚のことまで考えるわけがありません。

でも結婚するからこそ離婚する可能性が必然的に生まれます

 

そんな時に「離婚という可能性」を感情論で押しつぶして盲目的になるか、しっかり感情的にならずに先を見すえて考慮できるかによって、その先の人生を大きく左右するとさえ言えます。

 

結婚は友だち付き合いや恋愛とはちがいます。

結婚という法的な婚姻関係を結んだ以上、万が一離婚することになった場合のお互いのリスクの大きさまで考える必要があります。

離婚によるリスク

■ 慰謝料(離婚原因による)

■ 親権者問題(子どもがいる場合)

■ 社会的信用や世間体に関わる?

■ 資産分割問題

 

大学生なりに頭をしぼっただけでも、これだけの問題が離婚にはあります。

離婚原因が自分にあるのだとしたら、確実に離婚は最大級のリスクとなりますが、それは自業自得なので文句は言えませんよ!

でも結婚したあとも結婚相手に誠実でいられる自信のない人は、結婚するとこういうリスクがあることを常に頭の片隅に置いておくべきでしょう。

 

特に資産分割については、住んでいた家をどうするのかは大きな争点になり得ます。

[memo title="MEMO"]例えば夫が自宅のローンを全額自腹で組んでいたり、家賃を払っていたとしても、一度結婚して同じ屋根の下で生活すれば、それは「夫婦の共有資産」ということになり、一方的に所有権を主張しても「はいそうですか」と簡単に認めてはもらえません。[/memo]

そうした大きなリスクを背負うことと結婚生活を天秤にかけた時に、リスクの方が重くなった人は結婚は避けた方がいいのかもしれません。

自由に使えるお金が大幅に制限される

ぼくも含めて結婚したくないと考える人の多くは、これが理由の一つにあると思います。

 

結婚したらこれまでの独身生活と同じような金銭感覚ではいられなくなります。

自分で稼いだお金は「自分一人のお金」から「家族のお金」に変わります

子どもができたら養育費がかかります。

 

自分のお金は自分の自由に使いたいと思う人にとって、結婚は不自由極まりないものになってしまい、大きなデメリットと感じるでしょう。

ぼくはそこまで極端じゃないので、他人のためにお金を使うことにはなんの抵抗もありません。

…が!

「自由に使えなくなる」ことへの抵抗感がハンパないので、ぼくにとって結婚はデメリットになる要因の一つです。

自由に使える時間が大きく減る

おそらくぼくが最も結婚したくない理由はこれです。

結婚した以上、家庭に対する責任を持たなければいけません。

一人で気ままにやっていた独身時代の感覚のままではだめ。

結婚したパートナーや子どもとの時間を優先しなければいけない場面も、たくさん出てきます。

 

ぼくは「家族サービス」という言葉はあまり好きじゃないですが、あえて言うと休日はいわゆる「家族サービス」に時間を割くことが増えると思います。

でも独身だったら休みの日に何をするかは全て自分の自由です。

自己管理ができる人なら、自分一人でも十分に充実したソロライフが楽しめるでしょう。

親戚付き合いが負担になる

結婚相手の家族との付き合いはとても大事になってきます。

良い関係を築くためにも、何かと気をつかうことも多いでしょう。

 

親戚づきあいや家族ぐるみの集まりごとが好きな人なら大丈夫かもしれませんが、親戚同士の集まりが苦手な人にとっては、かなりハードな修行になりそうです。

ぼくは子どもの頃から親戚の集まりが好きではなく、大学生となった今では親戚たちと顔をあわせる機会はほとんどなくなりました。

樹木希林さんの言葉

最後に女優・樹木希林さんが残した言葉をご紹介します。

樹木希林さんの人生観はとてもユニークであると同時に、没後の今なお多くの人々の共感を呼んでいます。

その中でもぼくが特に共感したのが、この言葉。

結婚なんてのは若いうちにしなきゃダメなの。物事の分別がついたらできないんだから。

本当に核心をついた名言だと感じました。

若い人たちの結婚率は年々下がっていると言われていますが、それは以前に比べてある意味で若くして分別がついている人が増えたからなのかもしれません。

「結婚は理屈じゃなくて感情で動くもの」なんて言葉もありますが、「結婚は理屈的になって損得も考えなきゃ」と思う人も増えているのかも。

 

損得勘定だけで行動するのも極端ですが、結婚は友だち付き合いとはちがって法律が関わってくるものなので、適切に損得勘定をはたらかせる必要はあると思います!

 

恋は盲目でもいいけど、結婚は盲目じゃいけません

 

感情に流されることなく、自分の性格や描いている将来像をしっかり考慮した上で、結婚について考えることも大切ですね。

あくまで一個人の考え方ですが、ぼくはこうしたメリット・デメリットを踏まえた上で、結婚しない人生を選択しました。

 

皆さんは結婚というものを、どういう天秤にかけますか?

 

それではまた。

-かりーむのお話
-

Copyright© Kareem Blog , 2020 All Rights Reserved.