悪評はウソだった?!12時間トランジットでも安心のシェレメチェボ国際空港の今

 

今回はロシア・モスクワで第二の規模を誇る「シェレメチェボ国際空港」で長時間トランジットを快適にやり過ごす方法をご紹介します。

アエロフロートを使うと、ほぼ必ずトランジットで寄ることになるので、これからアエロフロートを使う人はぜひ参考にしてください。

ぼくは先日イラン・テヘランから帰国する時に、このシェレメチェボ国際空港で12時間のトランジットを過ごすことになりました笑
かりーむ
かりーむ

 

そもそもアエロフロートはテヘラン‐モスクワ間、モスクワ‐東京間を一日一便運航しているのみなので、どうしてもトランジットが長くなるんですね。

 

そんなわけで空港で12時間耐久ゲームをすることになったのですが、先に言っちゃうと、全く大変ではありませんでした。

色んなブログを見ると、この空港は評判が良くないようですが、実際行ってみると聞いていた話とかなりちがって、とても快適で楽しい空港でした。

①空港職員が不愛想で旧ソ連的

そんなことないです!

ふつうに笑顔も見せてくれたし、むしろとても親切な対応をしてくれました。

ワールドカップの開催によって、ロシアの「笑わない文化」を外国人観光客向けに改めるという動きがあったそうですが、その影響もあるのかもしれません。

インフォメーションカウンターのスタッフも、快く対応をしてくれます。

 

②空港内には時間をつぶせるものがロクにない

そんなことないです!

カフェやレストラン、ショップがところ狭しとあり、離陸する飛行機を間近で見られるスポットもあります。

かなり充実しています。

 

③Wi-Fiがつながらない

そんなことないです!

たしかに空港のフリーWi-Fiは使い勝手が悪く、そもそも外国人向きではありません

…が。

多くのカフェには独自のフリーWi-Fiが完備されていて、しかも非常に早く、画像や動画もストレスフリーに開いたり送信できました。

なので空港のWi-Fiは一切使う必要はありません

ぼくが最初の数時間を過ごしたこのカフェは、Wi-Fiがとても速く、画像処理もストレスフリーにできるのでおすすめです。

シェレメチェボ国際空港に着いたのが、早朝だったということもあり、このカフェだけでなく、空港全体がゆったりしていて快適でした。

 

カフェラテとストロベリーケーキをオーダー。

これで880ルーブル(1420円)

なかなか強気な価格設定やなっ!!
かりーむ
かりーむ

最初はアプリのレートがまちがっているのかと思ったけど、後日ばっちりカードに1420円の請求が来てました…。

 

そうなると、こちらのメニュー見たらけっこう強気な価格ですね。

あえて言うなら値段が高めというのが、シェレメチェボ空港で過ごすうえでのネックなところかもしれません。

 

④英語表記が少ない

そんなことないです!

 

多くの人の旅行記で、「英語表記されているのがTransferやDepature、Arrivalくらいしかなく、ほとんどはロシア語と中国語表記だけで不便だった」と書かれていたのですが、ワールドカップを機に改善されたのか、ほとんどの案内に英語表記があり、ふつうに過ごす分には何の不便さもありませんでした。

 

おまけ:コンセントを使いたい人は

空港に長居するときに欲しいのが、充電スポットですね。

そんなときにおすすめなのが、バーガーキングに行くことです。

 

なぜなら、

全ソファー席にコンセントが備え付けられているから!

これすごいですよね…。

 

ソファー席はこの写真の右側にあるので、パソコン作業やスマホの充電がしたいという人は、混雑する夕方になる前に陣取りましょう

ぼくは早朝からいたので、空席だらけの中でランチをバーキンで食べていました。

そしてパソコン作業やYouTubeを見ていたら、あっという間に搭乗時間になっていて驚きました笑

 

これで946ルーブル(約1520円)。

…やっぱ高い!
どないなっとんねん、ほんまに。
かりーむ
かりーむ

思わず素が出るくらい、強気価格です。

空港は基本的に物価高いけど、ここまで極端に高いものなのか…。

 

 

今回ぼくはカフェで5時間、バーガーキングで5時間ほど過ごしました。

フリーWi-Fiがサクサクなので、YouTubeも見られるし、パソコン作業もはかどったので、12時間のトランジットという耐久レースも難なくクリアできて良かったです!

 

結論、まったく「恐ロシア」ではありません。

広くて充実した立派な空港なので、みなさんもトランジットのときは安心して利用してくださいね!

 

それではまた。