【分かりやすく解説】サイトマップの作り方!「PS Auto Sitemap」インストール後の設定の方法

皆さんは自分のブログにサイトマップを作ってありますか?

記事が増えてくると、古い記事はどんどん埋もれていき、ブログを見にきたユーザーの目に見つけてもらうのが難しくなります。

 

そこでサイトマップがあると、ユーザーはそのブログにどんな記事があるのかが見つけやすくなり、ユーザビリティの向上につながります。

 

今回はユーザーが直接目にすることになる「HTMLサイトマップ」を作っていきます。

 

「PS Auto Sitemap」の設定方法

「HTMLサイトマップ」を作る方法は、手動で一つ一つ作っていくやり方と、プラグインで自動化する方法があります。

手動だと手間がかかるので、今回は「PS Auto Sitemap」というプラグインを使って、サイトマップを作っていきます。

サイトマップ用の固定ページを作る

「PS Auto Sitemap」をインストールしたら、設定する前にサイトマップ用の固定ページを作りましょう。

サイトマップは投稿ページでは機能しないので、必ず固定ページで作ってください。

  1. 固定ページタイトルは何でもいい
  2. パーマリンクは「sitemaps」としておく
  3. テキストエディタにコード(以下に記載)をコピペ
  4. URLのID(3ケタの数字)をメモしておく

①固定ページタイトルは何でもいい

固定ページのタイトルはご自由に決めてください。

写真と同じように「サイトマップ」で全然いいと思います。

 

②パーマリンクは「sitemaps」としておく

パーマリンクには「sitemaps」と書いておくのが無難です。

他のサイトやブログを見ると、「sitemap」で大丈夫と書かれているのですが、実はそれだとうまく「HTMLサイトマップ」が作成されない可能性があります。

 

③テキストエディタにコード(下記)をコピペ

テキストエディタ(HTMLモード)に、以下のコードをコピペしましょう。

<!– SITEMAP CONTENT REPLACE POINT –>

これ以外にサイトマップページの中身は一切いじりません。

プラグインの設定が正常に終われば、自動的にサイトマップが記事内に作成されます

 

④URLのID(3ケタの数字)を確認する

ここまで終わったら、固定ページを下書き保存してください。

すると画面上に固定ページのURLが表示されるので、その中に書かれている3ケタの数字をメモするなりコピペしてください。

 

この3ケタのID(コード)は、次に「PS Auto Sitemap」を設定するときに必要になります。

 

「PS Auto Sitemap」を設定する

サイトマップ用の固定ページができたら、「PS Auto Sitemap」の設定をします。

それぞれの項目を上から順に解説していきます。

 

ホームページの出力

サイトマップにブログ名を入れたい場合はチェックを入れますが、特に必要なければチェックは外して大丈夫です。

ぼくはサイトマップとヘッダーにブログ名が重複して表記されるのがいやなので、チェックしていません。

 

投稿リストの出力

これをチェックしないと、せっかく新しく記事を書いてもサイトマップにインデックスされないので、必ずチェックを入れましょう。

 

固定ページリストの出力

プロフィールやお問い合わせページなどの固定ページをサイトマップに入れたい場合はチェックしてください。

ぼくの場合、固定ページはグローバルメニューに設置しているので、特にチェックしていません。

 

サイトマップを表示する記事

先ほどサイトマップ用の固定ページを作ったときに、URLに書かれたID(3ケタの数字)をメモしました。

そのIDを入力してください。

これで「PS Auto Sitemap」が指定された固定ページにサイトマップを作ってくれます。

 

出力階層制限

出力階層というのはカテゴリーの階層のことであり、どこまでサイトマップに設置するか設定できる。

基本的にはデフォルトのまま「制限なし」にしておけば大丈夫です。

1つの親カテゴリーに対してあまりにもたくさんの子カテゴリーを設定している場合は制限した方がいいですが、そもそも子カテゴリーを何階層も作るのは、ユーザビリティ的に良くありません。

 

先に出力するリスト

「固定ページリストの出力」にチェックを入れた場合、「投稿リスト」と「固定ページリスト」のどっちをサイトマップの上に表示するか決められます。

 

カテゴリーと投稿の表示

カテゴリーリストと投稿ページを同じサイトマップページに表示するかどうかの設定です。

「投稿を分割」にすると、ユーザーは「カテゴリー→記事」という順にアクセスしないといけなくなるのでユーザビリティ的にはあまり良くありません。

「同一マップ内」にチェックしておくことをオススメします。

 

除外カテゴリー

サイトマップに表示したくないカテゴリーがある場合は、そのカテゴリーIDを入力してください。

カテゴリーIDというのは、カテゴリーURL内に書かれている3ケタの数字です。

 

除外記事

サイトマップに表示したくない記事がある場合は、その記事IDを入力してください。

記事IDもカテゴリーIDと同様に、URL内に書かれている3ケタの数字のことです。

 

スタイルの変更

サイトマップの表示デザインを選べます。

ここは各自の好みでお選びください。

 

キャッシュの使用

「WP Fastest Cache」などの高速キャッシュ系プラグインを今後インストールしたり、あるいはすでに導入していると、それらのプラグインと競合してしまうため、チェックは外すことをオススメします。

 

 

 

 

ここまで全て設定できたら、「変更を保存」して無事終了です。

最後に念の為、サイトマップを見てみましょう。

きちんとサイトマップが表記されていれば、「HTMLサイトマップ」は完成したことになります。

 

 

「HTMLサイトマップ」はユーザビリティを向上させる効果があるので、ブログを始めたらなるべく早いうちに作っておきましょう。

 

 

それではまた。