イラン

【イラン旅行】世界遺産の街・古都ヤズドの歩き方

2020年1月10日

本記事の内容

・ヤズドの基本情報

・おすすめスポットと街歩きのコツ

・ヤズドを旅行する上での注意点やポイント

今回はイランにインターンで長期駐在していた学生の立場から、ヤズドを初めて訪れる人に向けた解説をしていきます。

 

各都市ごとの詳しい解説は以下をご覧ください。

 

 

ヤズド:基本情報

ヤズドってどんな街?

かりーむ
かりーむ
旧市街が世界文化遺産にも登録されている、イラン有数の古都です!

街の各所に世界遺産登録された物件が点在していて、日本でいうと京都・奈良みたいなところ。

 

 

バックパッカー御用達のゲストハウスは、旧市街の中に集中しています。

かりーむ
かりーむ
ちなみに上の写真はゲストハウスの屋上から撮った写真です

 

旧市街地は日中でも閑散としていて、喧騒とは縁遠い静かなエリア。

 

 

ヤズドまでの行き方は?

かりーむ
かりーむ
飛行機かバスでの移動がメジャーです!

 

ヤズドはイラン有数の観光地で、主要な都市(テヘラン・イスファハーン・シーラーズ・マシュハド)のどこからでもアクセスできます。

 

 

テヘランから

飛行機

所要時間 約1時間
費用
本数(1日) 1~2便

電車

所要時間 6時間〜8時間
費用 29万リアル〜47万リアル
本数(1日) 4~5本

バス

所要時間 10時間
費用 29万リアル〜50万リアル
本数(1日) 10~13本

運行バス会社

「Hamsafar」「Mahan Safar Iranian」「Asia Safar」「Iran Peyma」など

 

シーラーズから

飛行機

所要時間 直行便なし
費用
本数(1日)

電車

所要時間 ヤズド行きの直通電車なし※
費用
本数(1日)

※イスファハーンまで行ってヤズド行きに乗り換える必要があります。

バス

所要時間 7時間
費用 20万リアル〜36万リアル
本数(1日) 14~16本

運行バス会社

「Hamsafar」「Mihan Nur Asia」「Gitipeyma」など

 

イスファハーンから

飛行機

所要時間 直行便なし
費用
本数(1日)

電車

所要時間 4時間半
費用 23万2500リアル
本数(1日) 隔日1本

バス

所要時間 7時間
費用 21万リアル〜26万リアル
本数(1日) 14~16本

運行バス会社

Hamsafar

 

マシュハドから

飛行機

所要時間 約1時間半
費用
本数(1日) 週2-3本

電車

所要時間 14時間半
費用 89万7000リアル
本数(1日) 隔日1本

バス

所要時間 16時間
費用 38万リアル〜55万リアル
本数(1日) 10-12本

運行バス会社

「Hamsafar」「Gitipeyma」「Kiyan Safar」「Iran Peyma」など

 

 

市内中心部までの行き方は?

かりーむ
かりーむ
以下で詳しく解説します!

 

空港

市内中心部までは車で20~25分かかるのでタクシーを使いましょう。

タクシーは空港のエントランス付近にあるタクシーカウンターで、中心地(Beheshti Square)まで10万〜20万リアルくらいで手配できます。

 

市内バスも運行してはいますが、本数が少ない上に中心部まで行くのに乗り継ぎが必要なので、土地勘のない観光客には正直ハードルが高いです。

 

 

鉄道駅

市内中心部まで15分ほどかかる距離なので、タクシーか市内バスを使いましょう。

 

 

バスターミナル

各都市からをつなぐ長距離バスは全て、このバスターミナルが発着地です。

 

ターミナルの外に出ると大きな広場があり、インフォメーションがあるので、観光ガイドをもらっておくといいでしょう。

 

このバスターミナルから市内まではタクシーかバスを使いますが、おすすめはタクシーです。

 

というのも、ここには正規料金(10万リアル)でタクシー乗車チケットを売っている窓口があり、運転手と交渉する必要がありません

 

ここで買った乗車券をタクシーの運転手に渡すだけでいいので、ぼったくられる心配もなく市内まで移動することができます。

 

 

ヤズドの街歩きの仕方は?

かりーむ
かりーむ
メトロはないので、バスかタクシー、徒歩のいずれかになります!

市バスも市内全域に張り巡らされていますが、本数は少ない上に行き先やバス番号表示がほとんどペルシア語なので、観光客にはハードルが高いかも。

 

バス停の間隔はかなり短く、少し歩くだけで次のバス停にたどり着きます。

 

スカスカ!

ちなみにこのバスでは前方が男性、後方が女性エリアとなっていました。

 

降りるときは日本同様、降車ボタンでお知らせください。

 

 

治安は大丈夫?

かりーむ
かりーむ
旧市街は日中でも比較的静かな地域で、夜はさらに人気がなくなるので最低限の注意は必要です!

実際治安はとても良いですが、一方で夜になると「人がいない怖さ」を感じるかもしれません。

 

人気のない場所って逆に怖いんですよね。

 

ヤズドの場合は人気がなくてもそこまで心配する必要はありませんが、夜に旧市街行くときは複数人で行った方が安心かも?

 

 

ヤズド:おすすめスポット

沈黙の塔(Zoroastrians' Dakhmeh)

ゾロアスター教徒が遺体を鳥葬していた岩山の塔。

 

ほんの80年前まではここで実際に鳥葬が行われていましたが、現在ではゾロアスター教徒はイスラム教と同じように土葬に変わっています。

 

鳥葬:大型の肉食鳥類(ハゲワシとか)に遺体を食べさせることで、死者を自然に還すという「輪廻転生」の死生観によって根付いた風習。

 

現地の人に道を聞くときは「沈黙の塔(Tower of Silence)」と言うより、「ダフメ(Zoroastrians’ Dakhmeh)」と言ったほうが確実に伝わります。

 

ダフメ(Zoroastrians' Dakhmeh):「ゾロアスター教徒の墓」という意味

 

沈黙の塔周辺には、上の写真のような貯水池やかつての住宅廃墟などが数多く点在しています。

 

沈黙の塔を見学するには、エントランスカウンターで入場料15万リアルを支払う必要があります。

 

しかし敷地内と外部の仕切りがないので、言ってしまえばどこからでも自由に出入りできてしまうのです。

 

正式なエントランスカウンターには入場ゲートもあるので、きちんとお金を払って見学しましょう。

 

文化財や遺跡を守るには維持費が必要。

だからこそ「タダで見れるんや、ラッキー」と思わず、然るべきものは払うようにしましょうね!

 

敷地内には、ドラクエの迷宮ダンジョンの入り口みたいなのがあります。

男子的にはたまりません笑

 

他にも敷地内には、個性的な見た目の遺跡がたくさん散らばっているので、ぜひ一つ一つ見て回ってください。

 

①沈黙の塔周辺は人気が少ないので、夜遅くに行くのは避けること。

②足場が悪いため、動きやすい靴を履いていくこと。

③たまに少しガラの悪そうな人たち(田舎のヤンキーみたいな)が生息している。

④敷地内には外との仕切りがないため、うっかりすると無賃入場してしまう。

 

基本情報

営業時間 24時間
定休日 無休
入場料 15万リアル

MAP

 

 

ゾロアスター教寺院(Fire Temple)

ゾロアスター教(別名:拝火教)の世界でも珍しい、異教徒でも入ることができる神殿です。

 

ヤズドには他にもゾロアスター教寺院はあるけど、異教徒が入れるのはここだけ。

 

神殿の正面入り口にはゾロアスター教の善神・アフラ=マズダの彫刻があります。

 

アフラ=マズダ:二神教であるゾロアスター教の善の神(光の神)。この神と対をなすのが、悪の神(闇の神)・アーリマン。

 

館内は博物館のようになっていて、ゾロアスター教徒の風習や文化を知ることができます。

 

ゾロアスター教の聖典(教典)『アヴェスター』の写本。

 

『アヴェスター』:善悪二元論や神への賛歌、『レビ記』のような宗教法の書物などから構成される。

 

ゾロアスター教の開祖とされるザラスシュトラの肖像画。

 

ザラスシュトラ:紀元前13世紀ごろの古代アーリア人の神官だったと言われているが、学術的には謎が多い。

 

ゾロアスター教が拝火教と呼ばれる所以でもある、「消えない炎のゴブレット」も見ることができます。

 

基本情報

営業時間 9:00-12:00,15:00-20:00
定休日 金・祝の午後
入場料 15万リアル

MAP

 

 

マスジェデ・ジャーメ

旧市街にあるヤズドのシンボル的モスク。

 

ゾロアスター教の神殿跡地に建てられたイスラム教モスクで、わずかですがゾロアスター教の痕跡が残っています。

 

モスクのすぐ側にはバザールがあり、おしゃれなペルシア式クラフトバッグや、カフェが軒を連ねます。

 

個人的には大好きなデザインです!!

 

マスジェデ・ジャーメのメインストリートにはオープンルーフレストランや雑貨屋が軒を連ねていますが、人が少ないので活気はありません。

 

いい意味で旧市街らしい静寂と、落ち着いた雰囲気に包まれています。

 

夜になるとオープンルーフレストランでディナーをする観光客で、少し賑わうくらいですね。

 

基本情報

営業時間 5:00-20:00
定休日 無休
入場料 無料

MAP

 

 

アミール・チャグマーグ

寺院やバザールが一つにまとまっている複合施設のようなところ。

 

特に観光名所というわけではありませんが、美しい外観や活気のあるバザールは、ぜひ見ておきたいポイントです。

 

基本情報

営業時間 24時間
定休日 無休
入場料 無料

※バザールは各店ごとに営業時間が異なります。

MAP

 

 

ヤズド:食事

旧市街にはルーフトップレストランがいくつかあり、リーズナブルでおいしい料理がたくさん食べられます。

 

Fooka Cafe&Restaurant

マスジェデ・ジャーメ通りに面した、観光客にも地元民からも人気のルーフトップカフェ。

 

人気メニューはラクダ肉を使ったスープ。

 

ライトアップされたマスジェデ・ジャーメを見ながら食べる夕食は、なんとも良いものです。

 

基本情報

営業時間 10:00-0:00
定休日 無休
価格帯 やや高め

MAP

 

 

Baam

「Fooka」と同じマスジェデ・ジャーメ通りに面した、ルーフトップレストラン。

 

がっつりディナーをしたい時におすすめです。

ルーフトップは青空テーブルの他にも、ドーム状のテーブル席があり、寒い季節でも屋上からの景色を楽しめるようになっています。

 

おすすめはラクダスープとターメリックライスのセット。

 

客層が良くて若干お高めのレストランですが、ヤズドの夜景を見ながら夕涼みしたい人はぜひ。

 

基本情報

営業時間 15:00-0:00
定休日 無休
価格帯 やや高め

MAP

 

 

Chaharsoogh Cafe Restaurant

マスジェデ・ジャーメ側のバザール内にあるカフェ。

 

こじんまりとした店内はアットホームな雰囲気に包まれています。

 

ここの女性店員さんが、とても陽気で気さくな人たちなので会話も弾みました。

 

質素な見た目に反して味はけっこう本格的で、スパイスの効いた奥行きのある風味が個人的にはどストライクでした。

 

基本情報

営業時間 9:00-23:00
定休日 無休
価格帯 リーズナブル

MAP

 

 

ヤズド:ゲストハウス

詳しくはこちらをご覧ください。

 

・「都市別イランのおすすめゲストハウス」

 

 

それではまた!

-イラン
-, ,

Copyright© Kareem Blog , 2020 All Rights Reserved.