ブログの収益化

アフィリエイトのボタンリンクが自分の記事に飛んでしまう不具合の解決方法

2020年2月17日

アフィリエイトをやっている人にはおなじみのボタンリンク。

 

こういうボタン

↑ちなみにこのリンクをクリックしても弊記事が表示されるだけ。

 

ところがせっかくボタンリンクを作ったはいいけど、

なぜかボタンリンクにすると、広告先のリンクにちゃんと飛ばない…!
自分のページが表示される無限ループになってるんだけど…

という不具合に困っている人が続出しているようです。

 

今回はこうしたアフィリエイトのボタンリンクの不具合を解消する方法を解説します。

 

かりーむ
かりーむ
ぼくも実際にやってみて、バリューコマースやA8.net、afbなど色々なASPで同じ不具合が確認されました。

 

でも実はこれ、とても簡単に解決できるのでご安心を!

 

アフィリエイトのボタンリンク作成

まずは失敗例として普段通りに広告リンクを生成して、「いくらリンクしても自分の記事が表示されてしまう不具合ボタン」を作ってみます。

 

ここでは「バリューコマース」で「U-NEXT」の広告リンクを作成してみましょう。

 

 

今回はボタンリンクを作りたいので、「自由テキスト」で広告作成します。

 

あとは生成された広告タグを、テキストエディタでボタンリンクの「url="#"」の部分にコピペすれば、おなじみのボタンリンクの完成です。

U-NEXT31日間無料トライアル

 

でもこのボタンリンク、なぜかクリックしてもこの記事が表示される無限ループになってしまっています。

 

ならこの不具合をどう解決するのか。

 

解決方法は超簡単

解決策はズバリ、「a href="〜」で始まるアフィリエイトリンク(URL)をコピーして貼り付けるだけです。

 

黄色いマーカーがついている部分がアフィリエイトリンク(URL)。

 

このアフィリエイトリンクを、テキストエディタでボタンリンクの「url="#"」の部分にコピペすれば、きちんと広告先のリンクに飛びます。

マーカー部分のアフィリエイトリンク以外はコピペしないでください。

 

U-NEXT31日間無料トライアル

 

見た目は全く同じですが、今度はきちんとU-NEXTの公式サイトにアクセスできていますね!

 

 

ボタンリンクに不具合が起きた理由

さて、最初に作ったリンクがなぜちゃんと「U-NEXT」に飛ばなかったのか。

 

それは「url="#"」の部分にアフィリエイトリンク(URL)以外のタグも書き入れていたからです。

 

もう一度、生成された広告タグを見てみましょう。

 

マーカーが引かれている部分以外は、テキストの幅やボーダーなど、URLとは全く別物のマークアップ要素です。

 

ボタンリンクの「url="#"」にはリンク(URL)だけを記入しないと、URLと認識されず不具合を起こしてしまいます

 

つまり表示されている広告タグ全てを「url="#"」にコピペしていたから、正常に機能しなかったわけですね!

 

ただ単に「U-NEXT」と、テキストリンク広告を貼り付けるだけなら、生成された広告タグを全部丸ごとコピペすれば大丈夫ですが、ボタンリンクで作るときには気をつけましょう。

 

 

ボタンリンクの生成は自由テキスト

アフィリエイト広告で生成できる広告タグの種類はたくさんあります。

 

しかし大原則として「自由テキスト」以外の広告リンク生成で作られた広告タグはそのまま使うのが鉄則

 

広告タグを改変して使うのは禁止されています。

 

なので今回のようにボタンリンクでアフィリエイト広告を作る時は、必ず「自由テキスト」広告を使ってください。

 

もし知らずにアレンジして使っていたとしても、改変が発覚すると収益が無効になる可能性もあるので要注意。

 

 

アフィリエイトのボタンリンク不具合:まとめ

今回はバリューコマースを実例として使いましたが、他のASPでも同じ方法で対処すれば、きちんとボタンリンクが作れます。

なんでボタンリンクにすると、広告先のリンクにちゃんと飛ばないんだ〜!

とお困りの方は、これでもう大丈夫です!

 

 

それではまた。

-ブログの収益化
-,

Copyright© Kareem Blog , 2020 All Rights Reserved.