複数のTwitterアカウントを同じメールアドレスで簡単に作る方法

今回の記事は、Twitterで複数のアカウントを使いたいと考えている人向けの内容となっています。

すでにご存知の方も多いですが、Twitterのアカウント作成には、電話番号orメールアドレスが必要です。

Twitterの裏垢作りたいけど、メアドを別に作るのはめんどくさいなあ…

こう思っている方必見。

今回紹介するのは「Gmail」を使った方法ですが、この方法によって「メールアドレスを一つ持っているだけで複数のツイッターアカウントを一括管理できる」ようになります。

 

Twitterでは複数アカウントを作るだけなら特にペナルティはないので、ぜひ活用してください。

 

Twitterで複数アカウントを作るには「Gmail」が必要

同じメールアドレスで作るには、「Gmail」のメールアドレスが必要なので、まだ「Gmail」を持っていない人は作りましょう。

 

なぜGmailが必要なのか。

それはGmailが「フリーメールサービス」だからです。

「フリーメールサービス」の利点は、いくつでも好きなだけメールアドレスを作れることにあります。

 

そうすることで複数のTwitterアカウントを、一つのメールボックスで管理できるのが最大のメリットです。

 

同じメールアドレスで登録する方法は超簡単。

既存のメールアドレスに「+1」や「.1」を付け加える。

これだけです!

 

例えば、

「life-or-dead@gmail.com」(架空)

というメアドを持っているとした場合に、

「life-or-dead+1@gmail.com」

このように「+1」を付け加えるだけで、Twitterには別のメールアドレスとして認識されるため、そのままアカウントが作成できます。

一方のGmailでは、「+」や「.」は認識されないため、これらの記号を付け加えただけだと同じメールアドレスとして識別されます

結果的にTwitterアカウントを一つのメールボックスで管理できるので、いちいちアカウントごとにGmailアカウントも変える必要がありません。

 

まとめると以下の通り。

Gmail:「+」や「.」は認識しないため、同じメアドと見なす。

Twitter:「+」や「.」も認識して、ちがうメアドだと判断する。

 

複数アカウントの作成方法

Gmailの仕組みがわかったところで、早速アカウントを作っていきましょう。

同じメールアドレスで登録する方法をもう一度書いておきます。

既存のメールアドレスに「+1」や「.1」を付け加える。

 

実際の画面で見ていきましょう。

例えばこういうアカウントを作るとして、メアドを「life-or-dead@gmail.com」とします。

 

次に「+1」を付け加えます。

きちんとTwitterにメアドとして認識されていますね。

 

でもここで例えば「;(セミコロン)」を入力してみると…

セミコロンはメアドに使えない記号なので、無効なアドレスと見なされます。

このように記号なら何でもいいわけではなく、使えるのは「+(プラス)」や「.(ドット)」に限られます。

 

同じメールアドレスで作るメリット

同じメールアドレスでTwitterアカウントを作るメリットは多いです。

 

  1. Twitterアカウントの管理が楽
  2. アドレスを複数作る手間がない
  3. 通知等が一つのメールボックスに集約される

 

 

もしアカウントごとにメアドがちがうと、通知確認をする度にログインとログアウトを繰り返さなければなりません。

でも同じメアドなら、一つのメールボックスに通知が集約されるので管理がとにかく楽です。

 

今やTwitterアカウントを複数持っているという人は珍しくありません。

今後アカウントを新しく作るときは、ぜひこの方法を活用してください!

 

それではまた。