ブログ運営ツール

おしゃれな吹き出しが簡単に作れるWPプラグイン『Word Balloon』の使い方

2020年2月29日

Word Balloon

・ブログで吹き出しを使ってみたい
・会話風の記事が書きたい

こうしたお悩みや要望にお応えします。

 

『Word Balloon』はカスタマイズ性が高く、自身のブログの雰囲気とより相性のいい吹き出しを自分で作れます。

 

小難しいCSSの編集やファイルの書き換えも一切必要ないので、安心してくださいね!

 

本記事の内容

  • WordBalloonとは
  • Word Balloonのメリットとデメリット
  • WordBalloonの使い方
  • WordBalloonの吹き出し機能

『Word Balloon』とは

What

バリエーション豊かな吹き出しを簡単に作れる、ワードプレスのプラグインの一つ。

 

カスタマイズの幅が非常に広く、オリジナリティある吹き出しにすることができるので、非常に便利です。

 

有料版の『WordBalloon Prp』もありますが、無料版でも十分使えます。

弊ブログも無料版『Word Balloon』を使用しています。

 

『Word Balloon』のメリットとデメリット

『Word Balloon』のメリット

メリット

メリットはこんな感じ。

 

  • 無料版でも十分に多機能
  • WPの新エディタ「GutenBerg」に対応
  • カスタマイズ性が高い
  • CSSやHTMLなど専門的な知識が不要

 

『Word Balloon』のデメリット

デメリット

デメリットはこんな感じです。

 

  • プラグインなのでサイト動作が重くなる可能性がある

 

すでにプラグインを多く入れている人は、『Word Balloon』をインストールするとサイト動作が重くなるかもしれません。

 

プラグインの数は多くても17,18くらいまでに留めるといいでしょう。

 

 

『Word Balloon』の使い方

使い方

『Word Balloon』の使い方の手順はこんな感じ。

 

  1. 『Word Balloon』をインストール
  2. アバター登録
  3. 吹き出しを記事に挿入

それでは詳しく解説していきます。

 

『Word Balloon』をインストール

プラグイン新規追加」で「Word Balloon」と検索して、インストールしましょう。

 

WordBalloon

 

インストールしたら「有効」にするのをお忘れなく!

 

アバター登録

次にアバターを作ります。

設定Word Balloon」で設定画面を開くと、アバターの新規登録ができます。

 

WordBalloon

名前とメモは記入しなくても登録できます。

 

無料枠では3つまでアバターを登録可能で、登録されたアバターにはそれぞれIDが振られます。

 

WordBalloon

 

吹き出しを記事に挿入

アバターを登録したら、記事に挿入して使いましょう。

 

編集画面のツールバーにある吹き出しマークが『WordBalloon』です。

 

WordBalloon

吹き出しマークが見当たらない人はプラグインが有効になっているか確認してください。

 

クリックするとこのようなエディットウィンドウが出てくるので、自由にカスタマイズしましょう。

WordBalloon

 

編集し終わったら、青い挿入ボタンをクリックして完了。

 

アバターは何種類でも作れる

無料版だと登録できるアバターは3つまでですが、その3つのアバターしか使えないわけではありません。

 

デフォルトでは登録したアバターが表示されますが、アイコンをクリックするとメディアライブラリが開き、どの画像でも好きにアバターとして選択することが可能。

WordBalloon

 

例えばこのキャラクターは登録していないアバターですが、こうしてメディアライブラリから直接画像を挿入しています。

WordBalloon

 

シベリア中将
シベリア中将
シベリア送りだ

こうやって登録していなくてもアバターは新しく作れるのです!

 

 

『Word Balloon』の吹き出し機能

『Word Balloon』には吹き出しをアレンジできる、様々なカスタマイズ機能が用意されています。

 

  1. 29種類の吹き出しデザイン
  2. 20種類のアニメーション効果
  3. 18種類の装飾アイコン
  4. その他機能

 

それでは詳しく解説していきます。

 

29種類の吹き出しデザイン

吹き出しのデザインは一つではないので、シーンに応じて使い分けて楽しむことができます。

1:セリフ

3:カラー

5:しっぽ

7:上側

9:SOi

11:RPGⅡ

13:セリフ太枠

15:丸いグラデーション

17:にょろにょろ

19:とんがり

21:8ビットⅡ

23:叫び

25:セリフ下側

27:セリフ上側中央

29:手書き風上側
2:考え事

4:丸い

6:ぽっち

8:下側

10:RPGⅠ

12:RPGⅢ

14:ぽっちグラデーション

16:ハート

18:手書き風
20:8ビット

22:しっぽの考え事

24:セリフ上側

26:考え事2

28:セリフ下側中央

 

全部並べると、やっぱり色がうるさい…笑

 

このように29種類の豊富な吹き出しデザインが用意されています。

上手な使い方としては、使用する吹き出しデザインは1記事につき1種類にすると統一感が出て、読者も読みやすくなります。

 

逆に1つの記事内で何種類も吹き出しデザインを使うと、チカチカして見にくくなるので注意しましょう。

 

20種類のアニメーション効果

吹き出しアバターにアニメーションを加えることもできます。

1:上下
3:揺れる

5:振動
7:右回転
9:点滅
11:ロール左
13:ロール下
15:下がって消える
17:ぶるぶる
19:右回り

2:振り子

4:鼓動

6:左右
8:左回転
10:ロール右
12:ロール上
14:上がって消える
16:ゴム
18:振り振り
20:左回り

 

いや、うっとうしい…!!!笑

たしかに面白いですが、使いすぎるとこうやって読者にとって見づらくなる可能性が高いので注意しましょう。

 

使っても一記事あたり1~2つに留めた方が無難です。

 

 

18種類の装飾アイコン

吹き出しアバターにアイコンを加えることもできます。

1:上矢印

3:はてな
5:ハート複数
7:怒り
9:感嘆符複数
11:汗
13:がーん
15:星(横並び)
17:どよーん

2:下矢印
4:ハート
6:ハート横並び
8:感嘆符
10:8分音符
12:汗汗
14:星
16:キラーン
18:はっ

セリフに合わせて感情を分かりやすく表現できますね!

ただしこれも使いすぎるとうっとうしくなるので、程々にしましょう。

 

その他機能

フィルター機能

インスタやTwitterと同様、アバター画像に様々なフィルター効果を付けられます。

 

  1. ぼかし
  2. 明度
  3. コントラスト
  4. モノクロ
  5. 色調回転90°
  6. 色調回転180°
  7. 色調回転270°
  8. 階調反転
  9. 透過
  10. 彩度
  11. セピア

 

以上11種類のフィルターがあります。

 

サウンド機能

吹き出しに音をつけることができます。

 

WPにアップロードした音声ファイルを添付して使えるので、自分で効果音を収録して使うのも面白いかも。

 

『Word Balloon』にサウンドは用意されていないので、自分でアップロードしてください。

 

 

WPの吹き出しプラグインは『WordBalloon』が便利

まとめ

『WordBalloon』なら、小難しいCSSコードの編集やファイルの書き換えも一切必要ありません。

 

全てGUI(グラフィックインターフェース)で完結するので、非常に便利です。

 

記事に会話風の吹き出しを使いたい人には、ぜひ使ってみてください。

 

>>ブログ記事一覧へ

-ブログ運営ツール

Copyright© Kareem Blog , 2020 All Rights Reserved.