【現役パートナーが徹底解説】スタババイトのメリット・デメリット

この記事を書いているぼくは、スタバパートナーになってかれこれ1年以上が経ちました。

パートナーでもあり、スタバのヘビーユーザーでもあるぼくから見た、スタバのメリットやデメリットについて、一切の忖度なしで解説していきます。

本記事の内容

・スタバパートナー限定の特典紹介

・時給について

・スタババイトの大変な点

スタババイトのメリット

スタバでバイトすることにはたくさんのメリットがあるので、一つずつご紹介していきます。

カスタマイズし放題!パートナードリンク

スタバで働いている人はフルタイムであってもアルバイトであっても、全員もれなく無料で好きなドリンクが飲めます。

 

基本的に1回のシフトで3回飲むことができます。

  1. 勤務前
  2. 休憩時間(ランチとブレイク)
  3. 勤務後

ランチは30分、ブレイクが15分あり、勤務時間に応じて休憩時間が何回か用意されていて、休憩のたびに飲むことができるのは嬉しいですね。

 

たとえば6時間勤務であれば、

  • 出勤前
  • 休憩(ブレイク)
  • 休憩(ランチ)
  • 勤務終了後

の4回、パートナードリンクを無料で飲めます。

パートナードリンクは自分で作ることもできるから、新人の人はよく自分で作って練習してるよ!
かりーむ
かりーむ

休憩中フードも食べたくなったら、パートナー割引(30%)で買えるので、通常ドリンクとフードで1000円くらいするメニューを、ドリンク無料&フード30%オフで利用できます。

国内全店舗で30%のスタッフ割価格がきく

パートナーであれば、全国すべての店舗でパートナー割(30%オフ)が適用されます。

パートナー割を使うにはパートナー証の掲示が必要なので、日常的に持ち歩くようにしていると良いでしょう。

友達の分にもパートナー割を適用

さて、友達と一緒にスタバへ来たときは、役得の使いどころです笑

友達の分のオーダーもパートナーがまとめて会計すれば、きちんとパートナー割が適用されます。

注意
パートナー証は本人しか使えないので、本人がまとめて会計する必要があります。

好きなコーヒー豆が毎週もらえる

パートナーであれば毎週好きなコーヒー豆を100gもらえるので、コーヒーが大好きな人は毎週欠かさずもらって、家で飲んでいます。

スタバは取り扱っているコーヒー豆が豊富なので、その中から好きなものをタダでもらえるのは嬉しいですね。

 

店側から毎回スタッフ一人ひとりに配られるわけではないので、欲しい人は自己申告です。

ぼくはそこまでコーヒーが大好きというわけではないので、最近は全くもらっていません笑
かりーむ
かりーむ

コーヒーの知識が身につく

スタバでは毎日必ずドリップコーヒーを煎れています。

コーヒー豆は何種類もあり、研修のときに

  • コーヒーの基礎知識
  • コーヒーの入れ方
  • コーヒー豆の種類や管理方法
  • テイスティングの仕方

を丁寧に教えてもらえます。

 

コーヒーについて深く学びたい人にとっては、実践的に知識を吸収することができるので、この上ない環境です。

それでいてコーヒー豆を毎週100gもらえるので、家でゆっくりコーヒーを楽しみながら勉強できるのも魅力的です。

 

マナーが身につく

接客が命の仕事なので、言葉遣いや礼儀といったマナーもしっかり身につけることができます。

 

あとはスターバックスならではのルールもあります。

例えば「いらっしゃいませ」ではなく「こんにちは」や「おはようございます」と言わなければならない、とか。

 

モテる…??

スタバでバイトしているとモテるなんてウワサもありますが、はっきり言って「その人次第」です笑

夢のないこと言って申し訳ないけど、「スタバのパートナーだからモテる」ということはありません

 

大学生をはじめ、若い同年代の人たちとの出会いが多い環境ではあるので、その気ならしっかり仲間のパートナーとコミュニケーションを取っていきましょう。

一方でお客さんが自分のファンになってくれるケースは実はけっこう多いです。

ぼくにもそんなお客さんたちがいて、ぼくと話すために来てくれる方たちがいます。

本当にうれしいことです。

 

スタババイトのデメリット

メリットが多いスタバのバイトでも、デメリット(というより大変なこと)がいくつかあります。

覚えることがとにかく多い

めっちゃ多いです。

本当にエグい情報量を頭に入れなければなりません。

 

ビバレッジレシピは基本レシピだけでなく、カスタマイズのバリエーションも丸暗記する必要があります。

 

スタバは「ルーティーン」(一定の行動サイクルのこと)という言葉が大好きで、しばしば「ルーティーン通りに」と言われます。

ショット数やシロップ数はもちろんのこと、それらをカップに入れるタイミングまで、レシピは寸分違わずその通りの順番で作らなければいけません。

氷とシロップの入れる順番くらい、逆にしたところで味は変わらんわ!
かりーむ
かりーむ

なんて思っちゃうけど、そこにはきちんとした理由があるので、スタバで働くようになったら先輩が教えてくれます。

 

レシピやプロモの暗記は時間外労働

最初のころは覚えることが多くて、勤務時間外にレシピなどを覚えなければなりません

 

時間外業務は極力したくはないですが、こればっかりはやらないとバーに立てないので仕方ないです。

一方で良いこともあって、バリスタはプロモ販売期間が始まる前に、事前に試作して飲むことができるので、期間限定ドリンクをお客さんたちよりも早く飲めます。

時給は安い

時給は安い!!

都内でも1000円~1100円くらいの店舗がほとんどです。

求められているクオリティーに対してまったく割に合わないと、強く思います。

よって本当にただお金が稼ぎたい人には、おススメできません。

(もう少し時給上げろっ

まとめ

なぜこれほどまでにスタバが熱狂的な人気を集めているのか。

  • ネームバリューの強さ
  • 福利厚生が充実している
  • 労働環境や人間関係が良好
  • スタッフ研修が充実している

など、さまざまな好条件がそろっているからです。

 

就活に有利という話もウソではないし、スタバは人柄をとにかく重視しているので、職場にはいわゆる「変な人」や「常識のない人」はよっぽど運が悪くない限りいません

 

これからスタバでバイトしたいという方や興味あるという方はぜひ参考にしてください。

がんばってくださいね!

 

それではまた。

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。